021234

警察に捕まらないようにネットの出会いを楽しむ

021234

●ネットの出会いは便利
現代の日本では、出会いの機会が少ないです。世の中を見れば、変更したいけど出会いがない、お金を持っているのに理想の出会いができないと悩んでいる人が多いです。このような状況で、出会い系サイトを利用して恋愛やHを楽しむこともはや普通のこととして受け入れられています。

しかし、出会いといっても法律の規制があります。ネットの出会いを望む人は、事前に警察に逮捕されないような使い方をしていかなければいけません。

●警察に注意
18歳未満の女性と性的な関係を持つと、警察に逮捕されるおそれがあります。警察に捕まってしまうと大変なことになります。自宅に電話がかかり、家族や子供に知られてしまいます。離婚になるかもしれません。子供にも尊敬されなくなり、非行に走るおそれも高まります。

離婚の際には慰謝料を払う必要があります。せっかく築き上げた社会的な信用が一夜のうちに崩壊することも考えられます。警察に捕まらないようにネットの出会いを試みるのが楽しむコツです。

●法律と条例
法律や条例を知っておきましょう。特に条例は場所や地域によって異なります。出張先で出会いを作る人は、出会う場所の青少年育成条例を頭にたたき込んでおきましょう。条例や法律がわからないという人も、18歳未満と高校生以下はまずいと覚えておきましょう。

●対策
警察のお世話にならないためには、相手の女性が18歳以上であることを確認するのが大事です。やってきた女性と話をしながらあたりをつけましょう。話の内容や言葉遣いに注目しましょう。

「学校」に関連する言葉が多く出てくれば、18歳未満の可能性が高いです。勤務先の話もしていましょう。学生は働いていませんので、即座に答えにくい内容です。仕事の話を突っ込んで聞くことで、18歳未満かどうか判断することができます。

●まとめ
ネットの出会いは便利ですが、警察に逮捕された後のことを考えて行動しましょう。説明したように、失うものは大きいです。法律や条例を理解したうえ、家族にばれないように楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>