Monthly Archives: 2月 2015

022637

出会い系サイトで警察のお世話になり家庭もつぶれた体験談

022637

●私の体験
35歳の男性です。都内の某会社に勤務しています。私は結婚しています。出会い系サイトでpcmaxの登録し、若い女の子とHを楽しむのが趣味です。

●出会い系サイトを利用した理由
結婚してから、妻は冷たくなりました。子供の教育に夢中になってしまい、私のことなど気にとどめなくなりました。妻への愛情が冷めた私は、出会い系サイトで心に開いた穴を埋めようと思いました。

出会い系サイトで、好みの若い女子とコミュニケーションをとりながら、少し離れたラブホテルや、シティホテルで気持ちのいいことを楽しんでいました。

●警察に注意
私と関係を持った人数は15人程度だと思います。そのうちの1人に高校生がいたのです。全く気が付きませんでした。彼女の親御さんから通報がされたようで、私は警察に捕まってしまいました。

警察の怖いお兄さんの取り調べを受けて、惨めな思いをしました。当然、妻や子供にはバレてしまいました。妻と子供は荷物をまとめ、実家に帰ってしまいました。迎えに行っても、私に全く説得力がなさそうなので、もう諦めました。

●法律と条例
18歳未満の女子と性的な関係を持つと、逮捕されてしまうという話を、逮捕された後に聞きました。事前に法律や条例をよく調べておくべきでした。つき合っている女の子は全員大学生以上だと思い込んでいました。

私が住んでいる東京には、家出をしている女子高生や女子中学生が多いので気をつける必要があります。特に女性は化粧をすると一気に老けて見えるので、判断するのが難しいです。18歳未満の女の子を避けながら出会い系サイトを使うのが大事です。

●感想
妻と子供に逃げられてしまった私は、追いかけるのを諦めました。失った社会的信用は、もう回復しません。これから独身貴族になって、出会い系サイトを利用しながら、多くの女性と交わっていきたいです。もちろん18歳未満を避けながら楽しむつもりです。出会い系サイトでは若い女の子に気をつけましょう。

021236

警察のお世話にならないネット出会い方法

021236

ネット出会いを楽しんでいたはずが、警察に捕まってしまった、そんなニュースを目にする事が多くなりました。
出会い系による犯罪がニュースで多く取り上げられているために、自然と出会い系は怖い、捕まってしまう、アングラ、といったイメージを持つ人が多くなってしまいました。
出会いたいのに、出会い系サイト比較ネット出会いを求めてしまったばかりに警察に捕まってしまうのでは、利用に尻込みしてしまいます。
出会い系で出会いを求めたら、誰しもが捕まってしまう、という訳ではなく捕まっている人は、お金を要求したり、詐欺行為をしていたり、児童と関係を持ったりと、逮捕されても当然の行為を行っています。
警察に捕まらないためには、真面目に利用をしておればOK。
他人を騙したり、お金のやり取りをしたり、子供を求めたり、といった行為は警察に捕まってしまうこともありますのでやめておきましょう。
お金のやり取りですが、これが意外にも多いのです。
子供との行為を求めた末に警察に捕まっている人も、約束をしていたお金を渡さなかったり、子供からお金を要求されて渡さなかったり、とお金が関わっていることが多くあります。
他人と出会いたいがために、お金をちらつかせてしまうと、思わぬ犯罪に巻き込まれてしまうことも。
お金を持っていると、他人を寄せ付けやすくなりますが、相手が見えないネット出会い系、お金のためだけに寄ってきて、思わぬ罠に陥れてくる可能性だってあるのです。
こちらは純粋な出会いを求めていても、向こうが出会いを餌に、写真、チャット履歴、動画撮影、暴力、などで罠を仕掛けてくる事があるのです。
富豪ならばともかく、普通の人が出会いのために大金を使っても、大金を消費してしまうのでなるべくならばセーブをしたいです。
他人の写真を利用する行為も、犯罪になってしまうのでやめましょう。
出会い系を利用していて、子供かな、と思えるような言動や写真が幼い相手と知り合った時、警察に関わりたくなければ、交際をしないことです。

021235

警察が規制するネット出会い

021235

警察がネット出会いの規制について、厳しく取り締まるようになりました。
最近においては、警察のネット出会いのおとり捜査も解禁となりました。
警察が行うおとり捜査はどのような仕組みになっているのか、といいますと警察が身分を隠して一般ユーザーのふりをし、出会いを求めている児童と連絡を取り、児童が待ち合わせ場所に訪れた時、補導をするとのことです。
海外においては、児童との出会いに大変厳しいため、かなり昔から警察のおとり捜査が行われていました。
海外の規制においては、警察が児童のふりをして、児童とのみだらな出会いを求めているユーザーと交信、相手が待ち合わせ場所に訪れた時点で逮捕可能となります。
児童とのみだらな出会いを求めている知り合いを、待ち合わせ場所まで誘導し、警察に逮捕してもらう事も可能。
大人同士の出会いであれば、警察も関知しませんので安心です。
男子高校生が大人の女性との出会いを求める書き込みを掲載した際、通報されて補導されたとのケースもあります。
男性だから、女性だから、と性別に関係なく児童とみだらな行為のために出会いを求める、出会いに応じることは警察の規制の対象となります。
警察のお世話にならない出会い方、というと18歳以上、中高生ではない大人との出会い、金銭やら犯罪の香りがしない相手との出会いです。
18歳未満、現役中高生との出会いであっても、相手が大人だと主張をしており、みだらな行為を行わず、こちらが相手が18歳未満だと知らなければ逮捕の対象とはなりません。
オフ会などで、子どもと健全な出会いをしてしまうこともあるでしょうが、みだらな行為を約束せず、みだらな行為に及ばなければ罪となることはありません。
一般女性だと思っていたメール交換相手が警察だった、なんて事もあり得る時代となりました。
なるべく危険な出会いは避けましょう。
相手がなんだかおかしいな、と思ったらすぐに別の新しい相手を探せばよいのです。

021234

警察に捕まらないようにネットの出会いを楽しむ

021234

●ネットの出会いは便利
現代の日本では、出会いの機会が少ないです。世の中を見れば、変更したいけど出会いがない、お金を持っているのに理想の出会いができないと悩んでいる人が多いです。このような状況で、出会い系サイトを利用して恋愛やHを楽しむこともはや普通のこととして受け入れられています。

しかし、出会いといっても法律の規制があります。ネットの出会いを望む人は、事前に警察に逮捕されないような使い方をしていかなければいけません。

●警察に注意
18歳未満の女性と性的な関係を持つと、警察に逮捕されるおそれがあります。警察に捕まってしまうと大変なことになります。自宅に電話がかかり、家族や子供に知られてしまいます。離婚になるかもしれません。子供にも尊敬されなくなり、非行に走るおそれも高まります。

離婚の際には慰謝料を払う必要があります。せっかく築き上げた社会的な信用が一夜のうちに崩壊することも考えられます。警察に捕まらないようにネットの出会いを試みるのが楽しむコツです。

●法律と条例
法律や条例を知っておきましょう。特に条例は場所や地域によって異なります。出張先で出会いを作る人は、出会う場所の青少年育成条例を頭にたたき込んでおきましょう。条例や法律がわからないという人も、18歳未満と高校生以下はまずいと覚えておきましょう。

●対策
警察のお世話にならないためには、相手の女性が18歳以上であることを確認するのが大事です。やってきた女性と話をしながらあたりをつけましょう。話の内容や言葉遣いに注目しましょう。

「学校」に関連する言葉が多く出てくれば、18歳未満の可能性が高いです。勤務先の話もしていましょう。学生は働いていませんので、即座に答えにくい内容です。仕事の話を突っ込んで聞くことで、18歳未満かどうか判断することができます。

●まとめ
ネットの出会いは便利ですが、警察に逮捕された後のことを考えて行動しましょう。説明したように、失うものは大きいです。法律や条例を理解したうえ、家族にばれないように楽しみましょう。

021233

ネットの出会いで友人が警察に取り調べられた体験談

021233

●友人の体験
私の友人がネット出会いで警察のお世話になってしまったと話していました。私も出会い系サイトを利用しているので、友人の話は参考になります。私も彼の失敗を参考にし、同じ間違いをしないように心がけます。

●出会い系サイトを利用した理由
私の友人Kは、私と同じ25歳です。大学卒業後には、彼女もおらず、結婚するような雰囲気も全くない男です。そんな彼は、性風俗やデリヘルなどを日常的に利用していたそうです。その一環で出会い系サイトも利用したそうです。

彼の一番の間違いは、出会い系サイトを性風俗のサービスと同じものと誤解をしていたところでした。

●警察に注意
18歳未満の女子と、性行為をする場合に警察の規制の対象になってしまう恐れがあります。そのため、出会い系サイトでは、18歳未満でない女子をねらって出会うしか方法はありません。

運悪く18歳未満の場合には、逮捕されても文句は言えません。法律を知らないと、大変なことになります。出会い系サイトを利用する人は、条例や法律に目を通しておきましょう。18歳未満とわかったら即座に手を引きましょう。

●逮捕
Kは、優良と言われる出会い系サイトに登録して、デートをしたそうです。やってきた女の子は大学生だと話していたそうです。ホテルに入って一通りのことを楽しむと、実は高校生だったとその時の女性が言ってきたのです。Kは「もしかしたらまずい」と思い、顔が青ざめたと言っていました。

彼女が出会い系サイトでKとHをしたということは、彼女の親にバレたそうです。そしてKは警察に通報されてしまい、逮捕に至りました。Kには犯罪歴もなく、彼女と友好的な関係で、性行為に到ったので恨まれていないという理由で、3日の取り調べで釈放されたそうです。私も他人事とは思えない出来事だと思いました。

●感想
出会い系サイトを使う場合には細心の注意を払いましょう。特に高校生や中学生の家出少女が出会い系サイトを使っている場合があります。話をしてみて、高校生以下だと感じた場合には、性欲は抑えて女の子に手を出さないようにしましょう。これがネット出会いの心構えだと思いました。

021231

ネットの出会いには15歳もいるので警察に注意しようと決めた体験談

021231

●自己紹介
31歳の男性です。最近私が夢中になっているのが出会い系サイトです。ネットの出会いがとても便利で、たくさんの面識のない女の子とたくさんの関係を結ぶことができます。

インターネット社会に生きていると、本当に幸せだと思います。しかしネットの出会いは注意して使う必要があります。この間、冷や汗をかいた体験をしました。

●出会い系サイト
出会い系サイトは、インターネットで出会いを作れます。良質なサイトでは、女性のレベルも高く、若い子が多いです。

●警察に注意
出会い系サイトで本の方を選ぶ際には注意が必要です。多くの人はルックスを重視して選ぶと思います。ネット上の写真には年齢がわかりません。10代の女の子は同じように見えます。携帯やスマホの写真では、画像がないので判断しにくいです。

しかも、20代の中盤でも中学生のような顔をしているロリ系の女の子がいる一方で、中学生くらいで顔の整った20代中盤にみえる美人もいるから大変です。

18歳未満の女に手を出してしまうと、警察のお世話になるおそれが出できます。気をつけで使わないと、逮捕されてしまいます。だからといって、プロフィールの年齢も自己申告のため、あてになりません。

●15歳と判明した女性
先日私があった女の子は、OLに見えました。デートをしているうちに、10代でないかとの疑いを持ちました。化粧が濃かったので、25歳くらいだと思っていました。お酒を飲んだら、あっという間に意識をなくしてしまって、「20代ではないな」と思いました。話を聞いたら15歳だと言っていました。「まだ中学を卒業して2週間しかたっていない」と話していました。

●まとめ
この女の子と関係を持たなくて、逮捕されなくてすみました。これからは年齢確認には最新の注意を払います。ネットの出会いをする人は、年齢に気をつけましょう。デートや態度をよく見ることで、学生かどうかを判断することができます。女性をテストするように年齢を確認しておきましょう。警察のお世話になったらシャレになりませんでした。助かりました。

021230

警察ざたになりかけたネット出会いの体験談

021230

●自己紹介
25歳の男性です。私は派遣社員として働いています。先日、出会い系サイトを利用しました。注意しなければいけないのが警察です。あと一歩のところで警察ざたになってしまうところでした。ネット出会いは、簡単に女と出会える一方で、注意しなければ逮捕されてしまうおそれがあります。

●出会い系サイトを利用した経緯
僕には彼女がいませんでした。ある程度自由になるお金ができたので、出会い系サイトを使って、女の子とHをしようと思いました。僕はモテません。しかし、お金の力で何とかなると甘く見ていました。

●警察との関係
出会い系サイトで最も気をつけるポイントは、18歳未満と性行為をすると、条例違反として逮捕されてしまうおそれがあります。出会い系サイトを使う場合は、法律や条例をしっかりと理解しておきましょう。逮捕されてからでは遅いです。

●登録
軽い気持ちで出会い系サイト登録をし、コミュニケーションを深めました。実際に会ってデートすることになりました。やってきた女性は、165cmくらいで、きれいな女性でした。美人系の顔で、どこから見ても20代半ばです。こんな綺麗な子と、ホテルでHができると思うと興奮していられなくなりました。

●16歳と発覚
その女の子と繁華街を歩いていると、学生服を着た男子と女子が、「●●子だ」とこっちを見て話している上ありませんか。彼女の同級生だったのです。話を聞くと、実は彼女は高校2年生で、出会い系サイトを利用していたことがわかりました。両親が共働きで、自宅に一人でいるとさみしくなって、年上の男性とHばかりしていたというのです。

事情信わかった僕は、警察に捕まると思い、連絡先だけ聞いてその場を去りました。こっちの住所や名前も偽名で通しておいたので助かりました。

●まとめ
今回の出来事で、ネット出会いの怖さを初めて理解しました。これからは、しっかりと年齢を確認してからおつき合いをしようと思います。女性の年齢を見抜くのは大変かもしれません。自分なりの方法を使って、18歳未満を避けながらネット出会いも楽しみたいです。

021229

ネットの出会いで17歳未満で警察すれすれだった体験談

021229

●自己紹介
29歳の男性会社員です。先日、私は出会い系サイトを利用しました。その時に警察のお世話になりそうな危ない瞬間がありました。その体験談を紹介します。出会い系サイトの利用している方は、私の体験談を参考に、危機管理をしっかりやっておきましょう。

●出会い系サイトメリット
出会い系サイトは、手軽に若い女の子と出会えるのがメリットです。年老いた女性や、性格が悪くなり、美しくなくなった妻と一緒にいるのは誰にとってもつらいことです。そんな時に出会い系サイトを使えば、気持ちのいいことを体験することができます。

●警察
しかし用心して使わないと、警察に逮捕されるおそれもあります。相手の女性が高校生や18歳未満の場合、刑事罰の対象になってしまいます。18歳未満との認識がなければ、無罪になれる可能性も残されてはいます。しかし、法律の解釈によってどうなるかわかりません。事前に警察のお世話にならないような行動とることが大事です。

●対策
出会い系サイトのプロフィールは、すべて自分の書きたいようにかけます。つまり年齢も嘘がつき放題です。プロフィールを真に受けると、21歳だと思っていたのに17歳だったということになりかねません。出会ったときに、少し若いなと感じたら年齢を確認することが大事です。18歳未満だとわかった時には、体の関係を我慢して素早く撤退しましょう。

●体験談
半年前に私が、某出会い系サイトを使ったときに、17歳の女の子と出会いました。私は仕事で法律に触れることが多いです。淫行条例を聞いたことがあるので、「この子に手を出すたら少しまずいな」とデートの途中に気が付きました。

10代後半の女性や、20代前半の女性だと、18歳未満かどうか判断することは難しいです。美人の女性は老けて見えますし、かわいい女性は若く見えます。デートの最中に、その彼女が「学校で先生が」という言葉を使ったので17歳だとわかりました。危機一髪でした。

彼女とはメールやチャットで親交を深めました。18歳になり、高校を卒業した段階で楽しむことができました。今度から相手の年齢がわかるような質問を、デートの最中に織り交ぜるつもりです。出会い系サイトをうまく使って、警察のお世話にならないように気をつけましょう。

021228

出会いを求めてネットの世界へ 警察官でも職務を忘れてはまる出会い系サイトの魅力

021228

普段は犯罪者を取り締まる立場にいる警察官。
出会い系サイト以外でも風俗業者などを摘発しています。

多くの場合、公務員は出会いの機会が少ないものです。
服務規程など、法律的規制も多く勤務での時間問題もあるでしょうから異性との交際がしづらいものです。

異性との出会いといえばお見合いや結婚相談所があります。
交際相手を探すということでいえば婚活サイトや出会い系サイトも問題はありません。

お見合いでは公務員が多いというものは良く知られたことです。
誠実に結婚相手を探そうとしている男女が向かう先ですから当然のこといえます。
そして、利用料金の面でもあまり一般的な料金体系でないために収入を選ぶともいえるでしょう。

料金制度という点では出会い系サイトも使いやすくサービス面でも充実しています。
イメージとして遊びで付き合うような印象がありますが、真剣な交際を考えたサイトもありますし、
会員の中にもまじめな付き合いを求めている人もいるでしょう。

実際のところ出会い系サイトの利用者もさまざまなのです。
本当に長い間付き合えるパートナー探しをしている会員もいます。

インターネットでの交際をしていくということは、日本中から相手を探せますから幅が広いのです。
年齢や職業、性格などでも恋人探しができますから利便性が高いのです。
自分の仕事の事情を理解してくれる最良のパートナーを探せます。

「自分は口下手だ」
「きっかけが作りづらい」

そんな人でも文字での会話なら良く考えてお話が出来ますし、
勤務時間があるなど時間の都合という点でもメールは便利な存在といえるでしょう。

話すきっかけが作りづらい人でもメールや掲示板、日記などの機能が二人の関係を取り持ってくれます。

警察官という自分の身分を明かさなくても付き合えるのがネットのいいところ。
気持ちを切り替えて気楽に付き合いたいならむしろネットの出会い系サイトが最適と考えられます。

匿名性を逆に利用するのです。

必ずしも結婚相手が必要とも限りませんね。
普段のストレス解消のために話し相手を探すだけでもいいのです。
そんな友達関係から自然に進展していく関係もあるでしょう。
話していると気持ちが変わってくることもあります。

コミュニティとして出会い系サイトを利用してもいいのです。
挙式、披露宴などと将来の想像図を考えすぎず、サイト内の相手を探しましょう。
自分の将来を変えてくれるパートナーはこんなところから見つかるかもしれませんよ。